2006年4月 6日 (木)

未来の食べ物?・食卓はどうなる?

 niftyニュースのトップで、『味・香り・成分そのまま、柔らか~い野菜・果物』と言う記事を見た。

記事によると、広島県立食品工業技術センター(広島市南区)が野菜や果物の形状や味・香り・成分をそのまま残したまま、その硬さだけををプリンのように軟らかくする技術の開発に成功したそうである。

元々、高齢化や、病気などで、食べ物に対する租借力が落ちている人々の為に開発された技術で、その仕組みは、細胞同士をつなぐ物質を分解するぺクチナーゼと言う酵素の働きなどによって、素材の硬さを自由自在に調整するものだそうだ。

この技術は、タケノコ・ゴボウなどの野菜類から、肉・魚などの様々な食材に応用が可能との事であった。

僕にとってタケノコなどは、少し歯応えがあったほう方が、かえって好みなのだが、この技術は、記事の中でもあったように、正しく画期的な技術だと思う。

今でも良くある、フードプロセッサーやミキサー、摩り下ろし器などのキッチン用品どころの話では、ない。

ひと頃、子供が食べやすいように中国などで全ての骨を摘出加工した事が話題となり学校や介護施設などで広く用いられている「骨無し魚」や、軟らかい肉が「食べ易い」として上質とされ、幅広く出回る昨今、この技術は、こうした価値観や日本の食卓、または食品業界さえも激変させるキッカケになるかも知れない。

これからは、「プリンの様な野菜」「プリンの様な果物」「プリンの様な魚」「プリンの様な肉」が食卓に並び、スプーン一本で食事をする事になるのだろうか。

社会全体に良い影響を及ぼすか、悪い影響を及ぼすか、まさに「諸刃の剣」と言ったところだろう。

| | トラックバック (3)

2006年4月 4日 (火)

最近の細菌退治・空気清浄機?

 今は花粉症の時期だそうで、先日僕もその事に関連して記事を書いたが、ある意味それと関連するのではないかと思う、『エアープロット』と言う、ちょっと興味深い製品を見つけた。

それは、空気清浄機に近い働きをするもの、と言える製品である。

通常、空気清浄機と言えば、良く部屋の隅などに置いてあり、ファンで吸い込んだり、静電気で吸着させたりして、部屋の粉塵・花粉・煙などを取り除くのであるが、その製品は、今までのこうした「機器」とは全く違った方法で部屋の空気を清浄化するらしい。

何でも、二酸化チタンを用いた「光触媒」と言う仕組みを用いて空気の汚れを分解すると言うのだ。

正直、詳しい原理は良く分からないのだが、その使用法は至って簡単で、部屋の窓ガラスに吹き付けるだけで、吹き付けた成分に太陽光があたると、その成分が汚れを吸着させ、その後、汚れを分解してしまうそうである。

しかも、ガラスの透明度は落ちない、とのこと。

もしそれが本当なら、電気代もかからず、まさに理想の素材であると言える。

「においを吸着させて分解してしまう壁」と言うのを何処かで見聞きした覚えがあるが、あるが、そうした製品の類であろう。

これからの生活を激変させる素材なのかも知れない。

◇☆送料無料!☆シックハウスの原因物質、たばこの煙や気になるニオイは、窓ガラスを利用して...【送料・代引無料♪】エアープロット光を受けて有害物質を分解する!独自の光触媒窓ガラスコーティング剤エアープロットGM(30g入)

| | トラックバック (1)

下半身だけのアトム・近未来のロボット

 読売新聞のニュースで『車いす男性、ロボットスーツの背で初のアルプス登頂へ』と言う記事を読んだ。

記事によると、過去に交通事故で頚椎を損傷し、現在は車椅子生活を送っている長野県に住む内田清司さん(43)が、下半身にロボットスーツを取り付けた友人に背負われたまま、スイス・イタリア国境のブライトホルン登頂を目指すため、スーツを開発した山海嘉之・筑波大教授(47)や、アルピニストの野口健(32)の協力を得て登頂を計画中との事。

記事の中では、彼はある日、『「ロボットスーツHAL」を報じる映像』を見て、今回の計画を思いついたそうだが、おそらく彼がロボットスーツを見たのは、NHKスペシャル『サイボーグ技術が人類を変える』だったのではないか、と僕は思っている。

番組内では、『HAL』が紹介され、実際に着用した人間が重いものを手に持ったまま歩いたり、しゃがんだ状態からそれを持ち上げたりする映像が流れていた。

映像を見る限り、『HAL』は、体全体を包み込む「スーツ」と言うよりも、自分の腕や足に沿って、その外側にロボットの腕や足が取り付けられる「外骨格」に近いイメージを持った。

2006年現在『鉄腕アトム』は、まだ誕生していないが、彼のように人間を助けるこうしたロボット達は、今後ますます増えて行くに違いない。

| | トラックバック (1)

2006年4月 2日 (日)

正義は燃え立つ?・鉄人28号

インフォシークのニューストピックスで、『ヴィストン、「TVアニメ版鉄人28号ロボット」を受注開始』と言う記事を見た。

記事によると、鉄人28号誕生50周年と神戸空港開港記念として、ヴィストン株式会社がラジコンロボット「TVアニメ版鉄人28号ロボット」(¥351,750)を同社のホームページ上にて、3月30日より、予約受付開始したそうである。

製造には、ロボクリエーション、ロボ・ガレージ、三和電子機器株式会社、神戸市機会金属工業会などが携わったそうだ。

発送日は、6月中旬以降が予定されており、限定100体のみとの事。

何でも、歩行モーションには、「SHIN-Walk」と言う新しいアルゴリズムが採用されているそうで、動画を見ると、-ナルホド、今までのロボットとは違う歩行姿勢-ひざを伸ばし、腰を振ってバランスをとって歩いている。

記事の中には机の上を歩行するシーンの他に、目を光らせ、、腕を振り上げ雄たけびを上げたり、スムーズにパンチを繰り出すポーズなどの動画と写真が載っていた。

西澤氏のニセメールによる前原・永田議員の辞任・辞職問題や、川崎マンションの児童殺人事件など、すさんだニュースが飛び交う中、鉄人は、正義を示す使者となるか。

| | トラックバック (1)

2006年3月10日 (金)

アイアン・ジャイアント

アイアン・ジャイアント スペシャル・エディション DVD アイアン・ジャイアント スペシャル・エディション

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2004/09/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 話の展開が分かっていながら、つい涙してしまう。

宇宙から来た未知の存在と、偶然それを見つけた少年が、友達になるが、世間からの迫害を受けながらも、必死に彼を守り、友情を育んで行く・・・。

大筋で語ると、いささか使い古された感があるストーリーである。

そして実際、ほぼその通りに話は進行して行くのだが、何故か吸いこまれるように見入ってしまう。

その理由が、無邪気に鉄くずにかぶりつき、「僕、スーパーマンになる!」と屈託無く叫ぶ一方で、兵器として創られた自らの存在に気付き、苦悩するジャイアントの姿の所為なのか、または、未知の存在に対しての人間の業が描かれているからなのかは、正直分からない。

分からないながらも、クライマックスに向けてどんどんエスカレートして行く展開に、そんなコトしたら、ジャイアントが怒るだろ、とか、身体を張って止めるんだろお、ああぁ!やっぱり!などど思いながらも、つい引き込まれて見てしまうのだ。

オリジナル版では、各々の登場人物の声をハリウッドの豪華な面々が担当しているが、僕としては、吹き替え版の進藤一宏と井上和彦とのコミカルなやり取りがとても好きである。

その他、ロボット関連作品は、こちらへ

| | トラックバック (2)