2006年5月12日 (金)

「米屋きゅうさん」の豆乳シュークリーム

P5090146  今週始めにフジテレビで放送された『あるある大辞典』で玄米が紹介されてから、何処のお米屋さんでも、玄米が品切れしているようである。

僕もいろいろと探し回ったのだが、一店舗だけ、まだ在庫があるお店があった。

そのお店は、横浜の南共済病院近くの16号線沿いにある「米屋きゅうさん」と言うお店で、ここは元々、生産者がはっきりしているこだわりのお米玄米のままで店頭に並べており、販売時に精米すると言うシステムらしい。P5090148

また、このお店は、いわゆる「自然食品のお店」で、お米の他にも豆腐や油揚げ、またはスイーツまで、様々な商品を扱っている。

P5090149 その中で「豆乳シュークリーム」と言うものを見つけたので買ってみた。

かわいいちいさな箱のなかに二つ入りで販売されており、中をあけてみると、一見普通のシュークリームとさほど変わらない外見。P5090151

中を割ってみると、カスタードクリームではない白いタイプの少し粘度の高いクリームが入っていた。

このクリームは甘さ控えめで美味しく、豆乳が入っているからと言って、豆乳の香りが強いわけでもないので、豆乳が苦手な人にも良いと思う。

| | トラックバック (2)

2006年5月10日 (水)

新発見の大阪名物・あんプリン

大阪あんプリン

 神戸の兄が、大阪で変わったデザートを買って来てくれた。P5020107

あんプリン 』と言う名前の和風デザートで、最初僕は-『 あんプリン 』?羊羹のコトじゃないの?-と言ったのだが、実際食べて見ると、それは確かに羊羹とは少々違ったものだった。

容器のフタを捲ると、先ず最初に薄緑色のプルプルしたものがあった。

P5020123 この感じは正しくプリンだ。

口に入れるとほのかに苦い抹茶の味がして、キチンとミルクも入っている。

さらにスプーンを入れると、下からつぶあんが現れた。P5020126

元々、抹茶とあんの相性が良いのだから、上と下の層を共に食べると、とてもバランスが良い。

冷やして食べるとさらに美味しいだろう。

| | トラックバック (1)

2006年5月 5日 (金)

お茶請けには、やっぱり和菓子!・木曽路銘菓『恵那福堂』

P5020118

 ゴールデン・ウィークの大型連休で帰省して来た兄夫婦が、岐阜県中津川にある『恵那福堂』と言う和菓子店で「栗きんつば」と「草もち」のセットをお土産として持って来てくれた。

何でも、地元では、かなり有名なお店だそうである。P5020120

栗きんつば」は、つぶあんの中に蜜の下味が付いた栗がころころと入っている、甘さ控えめのさっぱりとした味。

草もち」は、外側の皮の蓬の風味がしっかりとして、やはり中につぶあんP5020122 が包まれていた。

2品とも、とても美味しくてお薦めの一品である。

| | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

子どもは食べられない、ブランデーボール・元町 喜久家洋菓子舗

 横浜元町の『喜久家洋菓子舗』のブランデーボール(189円)と言うケーキを食べた。

その名のとおり、ブランデーがたっぷりと入ったP4280052丸いボール状の生地がチョコレートで包まれているケーキなのだが、、二つに割ってもその香りが匂いたつ訳ではなかったので、少し油断して口に含むと、驚くほど濃いブランデーの味と香りが口中に広がる。P4280054

-これは、子どもには食べさせられないなあ。-と、思わず思ったほどだ。

中に入っていたレーズンにも、しっかりと味がついていた。

個人的には、結構好みのタイプだった。

甘さも適当にあるので、甘党・酒好きの方には、お薦めかも知れない。

| | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

ケーキとクッキーのお店、パティスリーカプリス

 横須賀の京浜急行線追浜駅から夏島貝塚通りを歩いて約5分、進行方向右側に『パティスリーカプリス』と言う、ケーキ屋さんがある。

先日、そこのケーキを食べる機会があった。P4240050

食べたのは、モンブラン(368円)とレアチーズケーキ(284円)の2種類である。

どちらも比較的小ぶりだが、味が凝縮されている感があり、とても美味しかった。

もう一つずつ欲しくなるくらいだが、そのくらいがちょうど良いのだろう。

聞くところによると、ここのお店は近所でも有名な『まつを』と言うケーキ屋さんにいた人が独立して始めたお店だそうだ。P4240051

小さな店内では、たくさんのケーキクッキーが並び、ショーケースの中をカラフルに彩っていた。

| | トラックバック (1)

2006年4月26日 (水)

紅茶シフォンケーキ・神戸デザートアイランド

 『神戸デザートアイランド』で紅茶シフォンケーキを買って来た。

ここのケーキは、全体的にリーズナブルな値段でお得感がある。P4210049

クリームやスポンジの甘さは控えめで、紅茶の香りも決して強い訳でもなく、シンプルな味付け。

紅茶コーヒー、中国茶など、どんな飲み物とも相性が良いだろう。

洋菓子の他にも、和菓子やキャラクターケーキなども扱っている、バラエティーに富んだお店であると思う。

| | トラックバック (1)

2006年4月21日 (金)

横浜元町『霧笛楼』無敵のチョコレートケーキ

 P4160042先日、機会があって、横浜元町にある『霧笛楼』と言うケーキ屋のチョコレートケーキを食べる事があった。

食べた、とは言っても元町の本店ではなく、横須賀中央の『さいか屋』と言うデパートの地下のお店で買って来たのだが、期待違わず、満足できる味だった。P4160045

上から濃厚なチョコレートがたっぷりとかけられており、 さらに金粉がちりP4160046ばめられていて、とても豪華な雰囲気を醸し出していた。

口に運ぶと、何層ものスポンジに挟まれたイチゴがチョコレートの甘味にほのかな酸味を加えていて、絶妙なバランスを作り出している。

中のチョコレートクリームも甘さ控えめで、チョコレートの味を楽しめて、とても美味しかった。

| | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

Mary’sの紅茶ケーキ

メリー 紅茶ケーキ【グルメ還元0314】メリーチョコレート オレンジケーキ【グルメ還元0314】メリーチョコレート ブランディケーキ

 先日、京浜急行線上大岡駅近くの京急デパートの『Mary’s』(【グルメ還元0314】メリーチョコレート 紅茶ケーキ)で、『Mary’s Cake Series』の中から、『Tea Cake紅茶ケーキ』を買って来た。P4030014

銀紙で厳重に包装された包みを開けると、ふわっと漂ったブランデーの香りが鼻腔をくすぐる。

その芳醇な香りは、酒に弱い人なら、二・三切れ食べただけで、酔ってしまいそうになるほど豊かだった。

一口食べると、ブランデーの苦味と濃縮された紅茶の風味とが口の中いっぱいに広がる。

甘さは控えめ、そして、しっとりとした軽い口当たり。P4030012

宣伝文句どおり、まさに「大人の味わい」だった。

| | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

横浜八景のベーカリーハウスアオキ

 先日、昼時を少し過ぎた頃に、京浜急行線金沢八景駅前にある『ベーカリーハウスアオキ』に寄ってみた。

ココは、他に多くの惣菜パンなども取り扱っているのでお昼時には、かなり混雑する。

僕が行った時も、休みの日と言だったこともあってか、店内にはまだ、かなり多くの客がいた。

今回は「メープル メロンパン 」(140円)を買って来たのだが、コレが結構美味しかった。

表面はサクサク、中はモッチリとした食感。P4040018

空洞になっている中の生地の底には、メープルシロップが染み込ませてある甘い生地が敷き詰められている。P4040019

外側の底の部分も茶色く焼き色が付いて、甘いメープルシロップの味がした。

メープルシロップ の優しい甘味が好きな人には良いかもしれない。

| | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

紅茶の森・おいしいシフォンケーキ

 先日、良い陽気だったので、姉に紹介された「紅茶の森」と言う喫茶店に行って来た。

喫茶店と言えば、スターバックスやドトール、タリーズ、最近では漫画喫茶でも随分と立派なお店があるが、やっぱりこうした街の喫茶店が良い。

このお店は、東急東横線白楽駅の近くにある横浜の六角橋商店街の中にあり、ご主人が一人できりもりしている小さなお店である。

商店街の路地へ入り、おでん屋の前を通って直ぐのところに、緑色に白字の看板で「紅茶の森」とあった。

少し迷いながら行ったので、駅から歩いて5分くらいかかり、2時半ごろ到着した。

メニューを見て、800円の 紅茶 ケーキ セットを注文する。

紅茶はアールグレイで、 ケーキ プレーン・シフォンケーキ

厨房から、「カシャ、カシャ、カシャ」と言う、ステンレスボールで何かを混ぜる音がした。

しばらくして運ばれてきたセットを見ると、ティーポットが冷めないようにカバーがかけてあった。

綺麗に焼き目がついて、フォークで潰すのが気がひけるくらいのふわふわの プレーン・シフォンケーキ

味は、甘さと香りが控えめ。

皿には、生クリームが添えられていた。

このクリームは、出てくる直前に泡立てられていて、まだ少し暖かく、、ほのかに生乳の香りがする。

全体的に控え目な味付けなので、紅茶の味と香りを強く感じた。

-ははあ、ココは紅茶が主役なんだな-と思いながら、平らげた。

もう一つ食べたくなったので、注文しようとしたら、残念ながら僕が先ほど食べたもので最後だった。

「シフォンケーキ」と言うと、たいてい「紅茶の葉入り」のものを目にするが、ここはプレーンのみだった。

味に物足りなさを感じたら、 メープル・シフォンケーキ や、 スコーン もあるのでそちらを注文したら良いと思う。

紅茶専門店なので、コーヒーは取り扱っていないが、インド・セイロン・中国など、取り扱われている10種類の茶葉のなかには、聞いたこともないような様々な紅茶があった。

ケーキ の持ち帰り用セットなども無いので、「どうしても」と言う方は、タッパーなどを持参して来るようだ。

ホームページがあったので、プリントした地図を片手にして探した。

-さて今度は、どのお茶を飲もうか-

| | トラックバック (0)