2006年4月13日 (木)

小さな鎌倉、G・W(ゴールデン・ウィーク)のおすすめ!・称名寺

 花見や花粉症の時期を過ぎたG・W(ゴールデンウィーク)の連休期間、多くの方々が温泉や旅行に出掛け、神奈川県では鎌倉に多くの人が押しかけると思うが、そんな時、僕は鎌倉をあまりオススメしない。P4090037

人ごみが激しくなる連休の時期、僕のオススメするのは、しっかりとした設備がありながら、普段から人影少なく、隠れ家的な所である。

京浜急行線金沢文庫駅から歩いて10分ほど、海の方に向かうと「称名寺」と言うお寺がある。P4090030

ここは、北条氏の菩提寺となった由緒正しいお寺である。 P4090028

先ず、正面の門を入ると小さな参道には、茶屋や喫茶店、 ビール 日本酒 まで飲める食事どころ、土産物屋が軒を連ねる。

そしてそのまま進み、両側に仁王像が守る山門をくぐると、目の前には多くの亀やカモ、鯉が泳ぎ、赤い木の橋が架かる、ゆったりとした大きな池が広がる。 P4090027

本堂の脇には、芝生がはえている、ちょっとした広場があり、家族連れが弁当を広げたり、子どもたちが遊ぶ姿を時折見かける。

裏山は、「称名寺市民の森」となっていて、子どもからお年寄りまで、気楽に歩けるちょっとしたハイキングコースとなっており、観音像や北条実時の墓などの史跡もある。

中でも、八角堂と言う展望台からは、山の方を望むと京急線が走る姿と能見台の方から遠く横浜のみなとみらいまで見渡す事が出来、反対側の海の方を望むと、八景島や住友重機、日産の工場まで見渡せる絶景が広がるので、是非カカメラの持参をオススメしたい。P4090025

「称名寺市民の森」の下、境内の端には、「金沢文庫」と言う、小規模ながら立派な博物館があり、普段から定期的に数々の催事があり、国宝級の仏像の展示がされている。

(詳しい催事情報、称名寺へのアクセスは、こちらを参照http://www.planet.pref.kanagawa.jp/city/kanazawa.htm

また、境内の中には、グリーンのジャケットを着たボランティアの方々がいて、称名寺の事について何も知らなくても、その歴史から、食事が出来る所、休憩所、トイレの場所まで丁寧に教えてくれるので、安心である。

立地的にも、シーサイドラインの海の公園柴口駅からも歩いて10分ほどの距離であるので、交通の便も良い。

駐車場はないので、車で来るのはあまりオススメしないが、どうしてもと言う方は、海の公園に駐車場があるので、そちらを利用したら良いと思う。

冒頭でも述べたが「小京都」ならぬ、「小さな鎌倉」の様なところで、付近にも、数多くの神社・仏閣があるので、足をのばして訪ねてみるのも良いかもしれない。

その気になれば、一日ゆったりと過ごせる隠れ家的な場所である。

| | トラックバック (5)