« サラリーマンのバイブル-NHK-土曜ドラマ「ハゲタカ 終りなき入札」 | トップページ | 風邪と花粉症 »

2007年3月11日 (日)

NHK土曜ドラマ「ハゲタカ-激震!株主総会}

ハゲタカ(上) Book ハゲタカ(上)

著者:真山 仁
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 「会社は株主のものでしょ!」

3月10日NHK土曜ドラマ「ハゲタカ-激震!株主総会」の放送で大森南朋が言い放った言葉は、一頃、世間で良く言われていた言葉である。

僕個人では、その言葉に納得が行かず、その頃面接を受けたある大手の小売業界の会社の面接の自由質疑で面接官に聞いてみた。

「最近良く世間では、会社は株主のものだ、と言う言葉が聞かれますが、会社は誰のものなんでしょうか」

二人の面接官のうち、一人は答えてくれず、もう一人の面接官(確か紹介では、取締役だった)が答えてくれた。

「我が社の方針は、お客様を中心にいつも考えて行動する事です。それを考えればおのずとわかるでしょう。」

僕は具体的な答えを聞きたかったのだが、彼は答えてくれなかった。

未だに彼が何を言いたかったのか分からない。

今日の株主総会の場面でも、「茶番だ」と捨て台詞を言う松田龍平ほど辛辣な言葉を言う気はないが、柴田恭兵が読んだ菅原文太の手紙で総会がまとまってしまうのも出来すぎな気がしたのも確かだった。

来週に期待したい。

|

« サラリーマンのバイブル-NHK-土曜ドラマ「ハゲタカ 終りなき入札」 | トップページ | 風邪と花粉症 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62400/5644615

この記事へのトラックバック一覧です: NHK土曜ドラマ「ハゲタカ-激震!株主総会}:

« サラリーマンのバイブル-NHK-土曜ドラマ「ハゲタカ 終りなき入札」 | トップページ | 風邪と花粉症 »