« 『DEATH NOTE』が面白い! | トップページ | 久々のココログ再開! »

2006年7月 2日 (日)

毎年一度は四国行き。「大泉洋-水曜どうでしょう・試験に出る日本史」

ありがとうFAN TAN さよならFAN TAN DVD ありがとうFAN TAN さよならFAN TAN

販売元:ザ・ミュージックカウンシル
発売日:2005/01/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

大泉洋の「水曜どうでしょう-試験に出る日本史」(TVK6月30日放送)を見た。

連続10問正解しないと、四国の八十八箇所巡りに出発と言う緊迫した雰囲気のなかで、期待違わず、やっぱり今回も四国行き決定!

しかも今回は、毎年行っている大泉洋に加えて、鈴井貴之安田顕の二人を加えた、豪華3人のメンバーでの四国行きが決定となった。

今回こそは「どうでしょうゼミナール」卒業と寝る間もおしんで勉強し、真剣に問題に取り組んでいた出演者の方には、誠にお気の毒かも知れないが、ミスター(鈴井貴之)の、あわや「どうでしょうゼミナール」卒業か、と言うヤマ場もあって、見ている視聴者にとっては最高の展開になったのではないだろうか。

しかも予告を見ると、今回も様々なトラブル連発みたいな様なので、来週の放送が今から楽しみである。

|

« 『DEATH NOTE』が面白い! | トップページ | 久々のココログ再開! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62400/2466048

この記事へのトラックバック一覧です: 毎年一度は四国行き。「大泉洋-水曜どうでしょう・試験に出る日本史」:

« 『DEATH NOTE』が面白い! | トップページ | 久々のココログ再開! »