« 爆笑問題・太田が総理で秘書田中 | トップページ | 大泉洋「水曜どうでしょう」・ユーコン川160キロ第5夜 »

2006年4月15日 (土)

急展開だった。・純情きらり

 -えぇ?!ホントにぃ?!-と思った。

今朝、久々にNHKの連続小説『純情きらり』を見たのだが、父、源一郎が突然亡くなってしまった。

ついこの間、聞き分けのない桜子をひっぱたいた話を見てから久々に見たのである。

僕は、その場面を見て、-宮崎あおいは、本当に悲しそうな顔をするなあ-などと思いながら、ぼおっと見ていた以来だった。

前作の『風のハルカ』では、ハルカ(村川絵梨の父、陽介が突然廊下で倒れ込んだ姿を見て-うわぁ、陽介死んじゃうのか?-と思ったら、歯磨き粉と洗顔クリームを間違えて使ってしまったと、渡辺いっけいが恥ずかしそうに言い訳していたのを見て-フザけんな、この人騒がせな-と思ったものだが、『純情きらり』では、-三浦友和が良い演技しているなあ-と思って見ていたら、ホントに死んでしまった。

原作がそうなっているのかも知れないが、その急な展開に正直、驚いた。

僕は彼を見て、『となりのトトロ』の父親役(糸井重里)に雰囲気が似てるなあと思いながら、懐かしげに見ていただけに非常に残念である。

来週から、語り部が二人に増えるのだろうか。

そのうち、おじいさんも加わったりして・・・。

想像すると、ちょっと怖い。

さておき17日からは、家が大変な中、桜子はピアノを本格的に勉強し出すみたいだし、結婚した杏子が嫁ぎ先で苦労するようだ。

杏子と言えば、今日、婚約者と喫茶店で会った後に、井川遥が見せた悲しげな眼差しは良かった。

彼女は、どこか影があり、芯が強い女性の役が良く似合うと思う。

以前、東京の下町の小さな通りにある「さびれた古本屋の女主人」の役を演っていたのを思い出す。

次週の展開に期待したい。

|

« 爆笑問題・太田が総理で秘書田中 | トップページ | 大泉洋「水曜どうでしょう」・ユーコン川160キロ第5夜 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62400/1410155

この記事へのトラックバック一覧です: 急展開だった。・純情きらり:

» 宮崎あおいちゃん主演の『純情きらり』 二週目が終って [日々の記録]
NHK朝の連続テレビ小説『純情きらり』の二週目が終りました。 まだ二週目(12回)なのにいろんな出来事が起こっています。 その中で最も衝撃的だったのは、やっぱりお父さんの死でしたね。 お母さんが桜子たちが小さい頃に亡くなっていたので、 お父さんがそんなに早く亡くなるとは全く予想してませんでした。 東京の音楽学校に進学したいと思っている桜子のことを 一番理解してる人物でしたし。 お父さんが退職金を前借りして買っておいたピアノが届き、 桜子が兄弟とおばさんに囲まれながらピアノを弾く場面は かなり... [続きを読む]

受信: 2006年4月16日 (日) 05時57分

« 爆笑問題・太田が総理で秘書田中 | トップページ | 大泉洋「水曜どうでしょう」・ユーコン川160キロ第5夜 »