« 大泉洋・水曜どうでしょう「ユーコン川160キロ最終夜」 | トップページ | さくらももこ・『もものかんづめ』 »

2006年4月29日 (土)

ショーン・コネリーは、別の映画が良い!『リーグ・オブ・レジェンド』

リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた闘い DVD リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた闘い

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2005/11/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 28日、日本テレビの金曜ロードショーで放送されたショーン・コネリー主演の『リーグ・オブ・レジェンド』を見た。

巨大潜水艦が画面狭しと動き、ミサイルが飛び交い、驚くようなSFXや多くのエキストラ、豪華なキャスト、そして世界をまたにかけるスケールの大きな映画だったが、はっきり言って、消化不良だった。

いかにも様々な作品の目に付いたところを指で摘んで持って来ただけ、と言う感じの、それぞれの作品が好きな人が見たら怒るような、中途半端な設定が気になったのである。

また、主演のショーン・コネリーも充分活かされて無かった気がした。

彼は確かに物凄い俳優だが、もはや中心となってアクションを演じる年ではない。

現実的な肉体年齢はともかく、アクション中心の映画の場合、もはや彼は若い主人公のサポート役として登場すべきで、昔から何かの因縁がある敵との宿命の対決、と言ったような特別な設定でも無い限り、他にも多くの若い主人公クラスの登場人物がいるのに何故か老兵が出張っている、と言う不自然な印象しか受けない。

繰り返しになるが、若い主人公のサポート役に徹したその上で、彼自身の決着を着けたり、何かを伝えたり役を演じたりする方が、現在の彼にとって自然な配役だと思うのである。

薔薇の名前』や『ハイランダー』、『インディジョーンズ』を見たほうが、よっぽど良いと思った。

|

« 大泉洋・水曜どうでしょう「ユーコン川160キロ最終夜」 | トップページ | さくらももこ・『もものかんづめ』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62400/1611518

この記事へのトラックバック一覧です: ショーン・コネリーは、別の映画が良い!『リーグ・オブ・レジェンド』:

» ショーン・コネリー [何曜ロードショー]
★ショーン・コネリーさん俳優引退宣言ショーン・コネリーさんといえば、誰が何と言おうと007なんでしょうけど、だからと言って、彼以外のジェームズ・ボンドを受け入れられないという、狭い了見ではございません。まぁ、コネリーさんのボンドイメージに固執しておら ..... [続きを読む]

受信: 2006年5月 2日 (火) 12時06分

« 大泉洋・水曜どうでしょう「ユーコン川160キロ最終夜」 | トップページ | さくらももこ・『もものかんづめ』 »