« 萌える?!新幹線・秋田山形新幹線『ファステック』 | トップページ | プロフェッショナル・鈴木敏夫 »

2006年4月 6日 (木)

未来の食べ物?・食卓はどうなる?

 niftyニュースのトップで、『味・香り・成分そのまま、柔らか~い野菜・果物』と言う記事を見た。

記事によると、広島県立食品工業技術センター(広島市南区)が野菜や果物の形状や味・香り・成分をそのまま残したまま、その硬さだけををプリンのように軟らかくする技術の開発に成功したそうである。

元々、高齢化や、病気などで、食べ物に対する租借力が落ちている人々の為に開発された技術で、その仕組みは、細胞同士をつなぐ物質を分解するぺクチナーゼと言う酵素の働きなどによって、素材の硬さを自由自在に調整するものだそうだ。

この技術は、タケノコ・ゴボウなどの野菜類から、肉・魚などの様々な食材に応用が可能との事であった。

僕にとってタケノコなどは、少し歯応えがあったほう方が、かえって好みなのだが、この技術は、記事の中でもあったように、正しく画期的な技術だと思う。

今でも良くある、フードプロセッサーやミキサー、摩り下ろし器などのキッチン用品どころの話では、ない。

ひと頃、子供が食べやすいように中国などで全ての骨を摘出加工した事が話題となり学校や介護施設などで広く用いられている「骨無し魚」や、軟らかい肉が「食べ易い」として上質とされ、幅広く出回る昨今、この技術は、こうした価値観や日本の食卓、または食品業界さえも激変させるキッカケになるかも知れない。

これからは、「プリンの様な野菜」「プリンの様な果物」「プリンの様な魚」「プリンの様な肉」が食卓に並び、スプーン一本で食事をする事になるのだろうか。

社会全体に良い影響を及ぼすか、悪い影響を及ぼすか、まさに「諸刃の剣」と言ったところだろう。

|

« 萌える?!新幹線・秋田山形新幹線『ファステック』 | トップページ | プロフェッショナル・鈴木敏夫 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62400/1309598

この記事へのトラックバック一覧です: 未来の食べ物?・食卓はどうなる?:

» ふらの牛乳プリン第二章♪ [田舎暮らしは最高!!]
4月12日に注文したふらの牛乳プリンがもうすぐ届きます♪一体どんだけおいしいのか、とっても楽しみです♪ [続きを読む]

受信: 2006年5月 1日 (月) 00時05分

» プリン [パティシエさんがお贈りするスイーツ通信]
プリンを作りました。 [続きを読む]

受信: 2006年5月 5日 (金) 23時22分

» Ryan C. [Ryan C.]
There are no secrets better kept than the secrets that everybody guesses. [続きを読む]

受信: 2006年9月 1日 (金) 07時53分

« 萌える?!新幹線・秋田山形新幹線『ファステック』 | トップページ | プロフェッショナル・鈴木敏夫 »