« 太田光が総理大臣になったら、ホントに秘書は田中? | トップページ | これから、どおなる?・純情きらり »

2006年4月 8日 (土)

大泉 洋・『水曜どうでしょう・ユーコン川160キロ第4夜』

 出演者たちの顔に、そろそろ疲れの色が出てきたTVK大泉洋の水曜どうでしょう『ユーコン川160キロ』第4夜。

バンジョー兄弟のオチが厳しくなった為か、今週からオープニングがポンチョ兄弟になっていた。

降りしきる雨の中で頑張る二人には悪いが、やっぱり足元だけでなく、ギャグも滑ってしまう厳しいオチで、それがかえって面白い。

そして、この番組は、出演者が疲れて来てからが、さらに面白くなって来るのだ。

今日も朝から、はれぼったい寝起きの顔をしながら、それでも空元気を出して「これわ、甘いなあ!」と大きなリアクションをとる大泉洋と藤村ディレクターとの掛け合いも、グチが増えて来てますます絶好調。

ディレクターがタレントを蹴ったり、叩いたりする姿を他のバラエティー番組では、そうは見かけないが、この番組では、日常茶飯事の風景である。

さらに大泉は、カナダ人ガイドのピートや、相変わらず案内が急な日本人ガイドの熊谷さんに絡みだし、ついには、彼女までが調子に乗って大泉に様々なリクエストをしてしまう。

ユーコンのYOSHIさんからのリクエストのせいで、キャンプ地を通り過ぎてしまいそうになったり、ますますグダグダになって行く展開に笑いを堪えきれない。

また、番組の後半に入り、美しいカナダの水辺の風景が広がるなかで、今日も開店する『ビストロ大泉』。

鍋やフライパンに、香辛料やレモン果汁、ウォッカやいくつかのインスタント食品までを適当にぶち込む大泉にハラハラするスタッフ。

僕も、-うわあ!-と若干ヒキながら、でも彼の使ったインスタント食品( 牛丼 カツ丼 麻婆豆腐)が-旨そうだな-と、少し気になったりする。

そんな彼らがかもし出す、等身大の空気が伝わって来ると、どんな料理が出来るのか、思わず乗り出して見入ってしまう。

アウトドアの楽しさとは!こうだあ!これが大自然の景色だあ!」などど、大げさに言われなくても、いつの間にか自然に感情移入して、-良いなあ。-などと思ったりしながら観てしまうのである。

ホント、『水曜どうでしょう』は、普通の「旅番組」では無い。

でも、そこが面白い。

その他、大泉洋 関連商品は、こちらへ

その他、鈴井貴之 関連商品は、こちらへ

|

« 太田光が総理大臣になったら、ホントに秘書は田中? | トップページ | これから、どおなる?・純情きらり »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62400/1331053

この記事へのトラックバック一覧です: 大泉 洋・『水曜どうでしょう・ユーコン川160キロ第4夜』:

« 太田光が総理大臣になったら、ホントに秘書は田中? | トップページ | これから、どおなる?・純情きらり »