« 大泉 洋・『水曜どうでしょう・ユーコン川160キロ第4夜』 | トップページ | アキバの居酒屋・甘太郎 »

2006年4月10日 (月)

これから、どおなる?・純情きらり

火の山―山猿記〈上〉 Book 火の山―山猿記〈上〉

著者:津島 佑子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 NHK朝の連続テレビ小説『純情きらり』を観た。

『きらり』の原作本である、『火の山―山猿記』(津島 佑子・講談社) は、まだ読んではいないのだが、それぞれ個性の異なる姉妹が中心となっていると言う意味で、日本版『若草物語』(L.M. オールコット ・福音館書店 )のような話だと思った。

前作の『風のハルカ』では、周囲のワガママに主人公のハルカが「なんちゃ、それ」と言いながら巻き込まれ、いつの間にか話の中心となってしまう展開が多かったと思うが、今回の『純情きらり』では、おてんばな主人公のきらりが、それとは反対に、最初から中心となって周りを巻き込む展開。

二人ともパワフルな主人公だと思うが、その性格は正反対に見えた。

今の所、話の中心となっているのは桜子だが、番組の後半に杏子の見合い話がちらっと出されるなど、今後の話の伏線となりそうなものがあったりして、少し展開に期待したくなったりした。

|

« 大泉 洋・『水曜どうでしょう・ユーコン川160キロ第4夜』 | トップページ | アキバの居酒屋・甘太郎 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62400/1352100

この記事へのトラックバック一覧です: これから、どおなる?・純情きらり:

« 大泉 洋・『水曜どうでしょう・ユーコン川160キロ第4夜』 | トップページ | アキバの居酒屋・甘太郎 »