« 東京で黄砂を観測・いろいろ必要? | トップページ | 軍靴の音が近づいて・『純情きらり』 »

2006年4月20日 (木)

浦沢直樹・隠れた名作『パイナップルARMY』

 浦沢直樹作品と言えば、先日ドラマ放映された『HAPPY!』、『YAWARA』などのスポーツものや、つい最近までアニメが放映されえていた『MONSTER』・『MASTER KEATON』、また現在連載中の『PLUTO』など数多くのヒット作を執筆している漫画家だが、その一方、世間ではそのタイトルをあまり耳にしない名作もある。

僕がお薦めしたい作品は、『パイナップルARMY』である。

旧西ドイツの対テロ特殊部隊GSG9が登場する「フリードリッヒの狼」(小学館文庫③収録)のようなテロリストとの攻防を描いた話から、定年をまじかに迎えたイギリスのスコットランド・ヤードの老警官が街を守る為に奮闘する「キング・オブ・ザ・ロード」(小学館文庫⑤収録)のようなヒューマンドラマまで、幅広いジャンルの中で一読に値する数多くの話が登場する。

まさに、浦沢直樹作品の原型の一つといっても過言ではない。

ゆっくりと過ごせる連休中にでも、是非その世界に浸って頂きたい。

|

« 東京で黄砂を観測・いろいろ必要? | トップページ | 軍靴の音が近づいて・『純情きらり』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62400/1475706

この記事へのトラックバック一覧です: 浦沢直樹・隠れた名作『パイナップルARMY』:

« 東京で黄砂を観測・いろいろ必要? | トップページ | 軍靴の音が近づいて・『純情きらり』 »