« これから大変そう・純情きらり | トップページ | 劇団ひとり登場・純情きらり »

2006年4月18日 (火)

ゴールデンウィークぐうたらヘン

 ゴールデンウィークは、家でゆっくりと過ごしたい。

もしも晴れたら、和室の畳の上に寝そべって、障子を開けて本を読もう。

読みたい本は、宮沢賢治

中でも、彼の書いた童話を読みたい。

ステレオからは、『浜田真理子』の曲を流す。

網戸ごしに入って来る柔らかな風が髪を揺らす度に、まだ新しい畳の香りがふわっと漂う。

昼ごはんは、出前を取る。

注文するのは、天ざるそば

エビとイカの天ぷらと野菜のかき揚を付けてもらって、そばをすすりながら、サクサク食べたい。

そしてまた、ごろんと横になって本を読む。

そんな風にひがな一日ゆっくり過ごしたい。

もしも、雨だったら、洋室の窓辺にソファーを寄せて、雨音を聞きながら読書をしよう。

ガラスに降り注ぐ雨雫に時折目をやりながら、落ち着いた気分でいたい。

選ぶ本は、ダニエル・キイス

アルジャーノンに花束を』などを、もう一度じっくりと読みたい。

ステレオからは、モーツァルトピアノ曲を流す。

雨には絶対、ピアノの音が良く似合う。

昼ごはんには、暖かい ピザ を注文しよう。

熱い ピザ を、はふはふ言いながら口にほお張り、ドナー・ベーカリーの厨房を想像する。

そして再び、ソファに座り、雨音とピアノの音をBGMにして読書に耽るのだ。

そんな風にひがな一日過ごしたい。

もしも曇りなら、リビングでゆっくりと過ごす。

フィールド・オブ・ドリームス』や『私の頭の中の消しゴム』など、ヒューマンドラマを何本もじっくりと観たい。

時の経つのも忘れて、映画を観た後、思い出したように、食事を注文する。

そんな時は、暖かいうどんが食べたい。

作品の余韻に浸りながら、ゆっくりとうどんをすすり、心も身体も温めた後、再びソファに戻り、次の作品を見始めるのだ。

そんな風にひがな一日過ごしたい。

|

« これから大変そう・純情きらり | トップページ | 劇団ひとり登場・純情きらり »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62400/1448589

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンウィークぐうたらヘン:

« これから大変そう・純情きらり | トップページ | 劇団ひとり登場・純情きらり »