« 微笑ましい話 | トップページ | 仲間由紀恵・トリック »

2006年3月10日 (金)

アイアン・ジャイアント

アイアン・ジャイアント スペシャル・エディション DVD アイアン・ジャイアント スペシャル・エディション

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2004/09/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 話の展開が分かっていながら、つい涙してしまう。

宇宙から来た未知の存在と、偶然それを見つけた少年が、友達になるが、世間からの迫害を受けながらも、必死に彼を守り、友情を育んで行く・・・。

大筋で語ると、いささか使い古された感があるストーリーである。

そして実際、ほぼその通りに話は進行して行くのだが、何故か吸いこまれるように見入ってしまう。

その理由が、無邪気に鉄くずにかぶりつき、「僕、スーパーマンになる!」と屈託無く叫ぶ一方で、兵器として創られた自らの存在に気付き、苦悩するジャイアントの姿の所為なのか、または、未知の存在に対しての人間の業が描かれているからなのかは、正直分からない。

分からないながらも、クライマックスに向けてどんどんエスカレートして行く展開に、そんなコトしたら、ジャイアントが怒るだろ、とか、身体を張って止めるんだろお、ああぁ!やっぱり!などど思いながらも、つい引き込まれて見てしまうのだ。

オリジナル版では、各々の登場人物の声をハリウッドの豪華な面々が担当しているが、僕としては、吹き替え版の進藤一宏と井上和彦とのコミカルなやり取りがとても好きである。

その他、ロボット関連作品は、こちらへ

|

« 微笑ましい話 | トップページ | 仲間由紀恵・トリック »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62400/1380705

この記事へのトラックバック一覧です: アイアン・ジャイアント:

» 映画 『アイアン・ジャイアント』 [エコノ研究所]
愚鈍。 このコトバは、高校時代に代ゼミの夏期講習に行ったときに先生が教えてくれた。要は、「愚鈍 ─── バカ正直と言われた方がよいのだ」 という話の中だったと思う。つまりは「常に愚直を心がけよ」ということだった。 ...... [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 17時43分

» パラレルハンマーアイアン [パラレルハンマーアイアン]
所ジョージが開発した話題の「アイアン」 [続きを読む]

受信: 2006年6月 5日 (月) 13時45分

« 微笑ましい話 | トップページ | 仲間由紀恵・トリック »