« アメリカをメイドが席巻?! | トップページ | 欧風カレー・ボンディ »

2006年3月27日 (月)

いよいよ最終週!・風のハルカ

 『風のハルカ』がいよいよ最終週に入った。

何だか皆、個別の相手が出来、うまくまとまりそうで、ほっとした様な、少し残念なような・・・。

ハルカは自分の気持ちをハッキリ伝えて、猿丸はそれにちゃんと答えた様だし、奈々枝と正巳も-女将さんはまだ、完全に認めていないみたいだが-うまく行きそうだし、村崎さんも頑張っているし。

それに、亜矢にもこれから急展開があるみたいだが、こちらは、特に驚かなかった。

しかし、ラストの急展開には驚いた。

突然のアスカの小説が映画化されるとは、予想してなかった。

車から降り立ったのは、物語に出てくる典型のような、髭をたくわえ、サングラスをかけた無愛想な監督。

そして、彼が言い放つひと言。

「何だあの不恰好な山は!」

-うわあっ、湯布院を愛するはるかをキレさせるに充分過ぎるセリフだ-

最後は、湯布院映画化騒動か・・・。

ホントに由布岳も落ち着いていられなさそうな雲行きである。

|

« アメリカをメイドが席巻?! | トップページ | 欧風カレー・ボンディ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62400/1181869

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ最終週!・風のハルカ:

« アメリカをメイドが席巻?! | トップページ | 欧風カレー・ボンディ »