« モスライスバーガー | トップページ | 讃岐うどんの店・はなまるうどん »

2006年3月21日 (火)

愛と死をみつめて

 遅ればせながら、先日放映された『愛と死をみつめて』を一気に観た。

主演の「大島みち子」と「河野 実」であった広末涼子草彅 剛の二人がまさに適役。

特に、最後まで懸命に生きようとする「大島みち子」を演じた広末涼子の、健気で愛くるしい演技が良かった。

彼女は、今回のドラマの為に、兵庫県赤穂の大島家まで訪ねたそうである。

ドラマ放映前日に、草彅 剛が『報道ステーション』に出演していて、このドラマのことを「恋愛の戦士のような二人の話」と形容していており、劇中でも「人は、命に限りがあるから、恋をしようとする。」という台詞があったように、恋愛が大きなテーマの一つとして扱われた作品だと思った。

エンディングに流れる主題歌をドリカムが歌っていたのだが、その悲しい曲調に、3番目まで聴いているのが辛かった。

「たとえこの身が召されても」と歌詞が流れた時には、本当に胸がつまる思いで、チャンネルを変えそうになった。

観て良かったと思う、良質のドラマである。

愛と死をみつめて DVD 愛と死をみつめて

販売元:日活
発売日:2005/01/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

愛と死をみつめて ポケット版 Book 愛と死をみつめて ポケット版

著者:大島みち子,河野実
販売元:大和書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« モスライスバーガー | トップページ | 讃岐うどんの店・はなまるうどん »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62400/1113625

この記事へのトラックバック一覧です: 愛と死をみつめて:

« モスライスバーガー | トップページ | 讃岐うどんの店・はなまるうどん »